月別アーカイブ: 2014年11月

【再掲】≪訂正・追記あり≫ 第六回 憲法サロンを開催します!

いよいよ冬が近づいてきておりますが、いかがお過ごしでしょうか。京都市内にお住まいでしたら、厚手のコートが手放せなくなりつつあるという方もいらっしゃるかと思われます。さて、押しつけ憲法論に対して疑問を投げかける、映画「日本の青空」を上映する第六回憲法サロン開催まで残り一週間を切りました。あまりに寒くて外出を控えたい気分の方も多いかと存じます。個人的にもそうなのですが、一人でも多くの方のご来場を願い、告知記事を再掲させて頂きます。

尚、今月5日に訂正しました通り、今回のサロンは無料となっておりますので、お気軽にご来場下されば幸甚です。お待ちしております。

続きを読む

Wanna Know a Behind-the-Scenes Story about the Making of the Current Constitution? Then, What Do You Say To Watching A Film?

Date: Saturday, November 22, 2014

Time: 15:00-18:00 (the audience would be admitted only after 14:30)

Location: Room 118 Shikō-kan, Doshisha University’s Karasuma Campus
(Confusing? Then, view a map).

No reservation required.

No fee required.

*Please note that this event will be basically conducted only in Japanese.

続きを読む

11.7 立憲デモクラシーの会 「戦争と女性」に岡野八代が参加してきました。

11月7日、早稲田大学にて開催された立憲デモクラシーの会(外部サイト)で、京都96条の会代表・岡野八代も発言してきました。

「国家は何を守るのか——グローバル化と戦争」というテーマの下で以下のような内容で開催されました。

第一部 基調講演
内田樹「資本主義末期の国民国家のかたち」

第二部 パネル・ディスカッション
「戦争と女性」
浜矩子(同志社大学・経済学)
岡野八代(同志社大学・政治学)
青井未帆(学習院大学・憲法学)

11月9日の『朝日新聞』天声人語にも、第二部パネルの内容が少し紹介されましたが、岡野の発言はこちらから読めます。戦争状態と「奴隷」との関係について、論じています。→立憲デモクラシーの会 11.7 @早稲田

 

 

 

「11・3憲法集会 in 京都」の模様が動画配信されています。

まずは、主催団体の一つとして、この場をお借りして、一昨日(11月3日)の憲法集会へのみなさまのご協力・ご賛同に心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

さて、みなさまの中には、「当日参加できなかったけど、どんな様子だったか興味がある」という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方に朗報です。

Independent Web Journalのこちらのページ(外部サイト)で、当日の模様がご覧になれます(IWJ非会員の方の場合、動画のフルバージョンは期間限定公開となりますので、お早めにどうぞ)。

もちろん、当日参加された方のご視聴も大歓迎です。

よろしくお願い致します。