月別アーカイブ: 2015年7月

SEALD’s 国会前デモでのスピーチ 2015年7月10日

京都96条の会代表岡野が、「安保関連法案に反対する学者の会」呼びかけ人として参加した、SEALD’s の国会前デモにおけるスピーチの内容です。(当日は準備した下記の原稿を読んで話していませんので、若干内容が異なります)

CJjcNAAUYAAMKzU

みなさん今晩は。京都から参りました、岡野八代と申します。わたしは、安倍晋三氏が2012年の自民党総裁選から掲げ始めた、憲法第96条先行改憲案という考えに反対し、それ以降、京都で京都96条の会を主催してきました。大変小さな会ですが、二月に一度ほど、市民の方々と憲法の歴史、意義、そして立憲主義について考える会を開催しています。そのさい、どうやって多くの市民の方に関心をもってもらうか、これまで憲法について関心のない層にどのように訴えるのかが大きな悩みでした。その意味で、こうして多くの人に訴えかけ、魅力あるデモを始め、運動を広げているSEALD’s のみなさんには、心より

敬意と連帯の気持ちをお伝えしたいと思います。また、関西からも多くの方からエールを言付かってきました。わたしもみなさんの運動から、多くの力と励ましを受けているように感じています。

続きを読む

第一回・第二回 ミニ憲法サロンのお知らせ

ミニ憲法サロンのお知らせ

ミニ憲法サロン その1

日時:7月9日(木曜) 9:00-11:00

講師:諸富健弁護士(京都弁護士会)

テーマ:安保法案の内容と問題点

ミニ憲法サロン その2

日時:7月26日(日曜) 14:- 16:30

講師:岡野八代

テーマ:「NHKスペシャル 『兵士はどう戦わせてきたのか』をみる」

場所は、1,2 とも:同志社大学京田辺キャンパス 知真館 1 TC1-102教室

キャンパスの詳しい地図はこちらからどうぞ

戦争法案として、多くの国民そして、ほぼ全ての憲法研究者からも「違憲」として大反対されている、安全保障関連法案が、7月15日・16日に強行採決されるのでは、と予想されています。

もし、そうした事態になったとしても、わたしたち京都96条の会、そして現行憲法の大切さを分かっている市民は、本法案は、違憲であるとして運動を続けていくでしょう。

過去9回、同志社大学にて講師の方を招いて開催してきた憲法サロンですが、夏休みの間は、もう少しみなさんとの距離を縮めて、憲法、戦争、安保について話し合いをしたいと思います。どうぞ、ご参加ください。