【他団体の憲法関連の活動・イベントのお知らせ】立憲主義を考えるシンポジウム―日本国憲法70周年に向けて―

12月11日(金)に、高山佳奈子さん(京都大学教員)がコーディネーターとなって、「立憲主義を考えるシンポジウム―日本国憲法70周年に向けて―」が開催されます。このシンポジウムに、「京都96条の会」代表の岡野と呼びかけ人の一人である君島東彦さん(立命館大学教員)がゲストスピーカーとして参加することが決定致しました。

「京都96条の会」主催のイベントではありませんが、ぜひお越し下さい。
お待ちしております。

以下案内です。
————————————————————————————————————―——–

立憲主義を考えるシンポジウム
― 日本国憲法 70 周年に向けて ―

とき: 2015 年 12 月 11 日(金) 18:30-20:30 (開場 18:00)

会場: 京都大学百周年時計台記念館 1F 百周年記念ホール

入場は無料です。

1946 年 11 月 3 日に日本国憲法が公布されてから 70 年目を迎えま
した。今ほど、この憲法への関心が内外で高まりを見せているとき
はありません。本シンポジウムでは、平和主義や民主主義について、
立場を異にする専門家の方々に各自の視角をお話しいただき、意見
を交わしていただきます。日本国憲法のこれまでの歴史を振り返り
つつ、これからのあるべき姿を共に考える機会になれば幸いです。
プログラム
1.  開会あいさつ 18:30

2.  報告 18:40
「安保法制廃止の展望」志位 和夫氏(衆議院議員)
「日本平和学会『安保法制 100 の論点』から」
君島 東彦 氏(立命館大学教授)
「憲法学の立場から」曽我部 真裕 氏(京都大学教授)
「政治学の立場から」岡野 八代 氏(同志社大学教授)

3.  パネルディスカッション 19:40

4.  閉会 20:30

連絡先: 高山佳奈子(京都大学法学研究科教授) takayama@aw.kyoto-u.ac.jp

チラシはこちら