京都96条の会 発足シンポジウム 20131116

憲法は、日本に住む個人一人ひとりと、強大な権力や暴力装置を備えた国家の関係を決める大切な基本原理です。ところが、その憲法の下に制定される民法や刑法ほどには、わたしたちの身近な生活とは一見すると関係がないかのように考えられがちです。ですが、わたしたちの健康にとって安全な空気や水が不可欠なように、憲法は、わたしたちが安心して社会で生きるために、そしてしっかりと基本的人権が尊重されるために不可欠な存在です。

そこでわたしたちは、京都を拠点に、立憲主義、そして憲法とはどのような存在なのかを広く市民の皆さんと一緒に学び、自由に論じあえる会を結成いたします。

 

発足記念シンポジウム

とき 1116日(土曜) 13:30 16:30 (開場13:00

会場 龍谷大学深草校舎22号館101教室

・基調講演 広渡清吾 (日本学術会議前会長、専修大学教授)

タイトル 「約束と希望としての日本国憲法――安倍政権の反動的憲法政策を糺す」

「日本国憲法は、日本国民が戦後社会の出発に際して、新しい民主主義国家を建設し、『戦争放棄・戦力不保持』の理念をかかげて世界平和の確立に貢献することを誓った、世界の諸国民への約束であり、また、国民自身の希望でした。自民党の改憲案は、この約束を履行し、希望を実現する方向に憲法を発展させるのではなく、日本のあり方を後ろ向きに変えようとするものです。それに道をつけようと安倍政権は憲法96条改正をもちだし、また、憲法9条解釈の変更などの手によって戦争する国家づくりを狙っています。わたしたちは、これを許してはならないと思います。」

 

・代表 岡野八代(同志社大学教員)の挨拶

・参加者との意見交換――今後の京都96条の会

 

司会 隅井孝雄(京都ノートルダム女子大学客員教授)

資料代 500

連絡先 TEL: 075-256-3320 (吉田)/ e-mail: kyoto96ac@gmail.com

憲法危うし

(c)チョン・インキョン