≪追記あり≫ 第二回 憲法サロンを開催しました。

2014年3月15日、「護憲論はガラパゴス化していないか──9条の脱神話化と再構築、大学生との対話──」

君島東彦さん(立命館大学教員)と立命館大学の学生さんたちの報告で憲法サロン第二回を開催しました。

君島さんから、9条の歴史的意義、地政学的意義といった多面的な意味を解説してただき、

現在の大学生が考える憲法論について報告していただきました。

君島さんの講演の様子は、IWJ Kyoto 2 にて3月22日までご視聴いただけます。

【2014年4月11日追記】:当日の講演の要旨がIWJのこちらのページ(外部サイト)で公開されております。IWJの会員ではない方は途中までしかお読みになることができませんが、もしよろしければご覧になって下さい。

 

なお、次回は、5月10日 同志社大学明徳館M21教室 午後2時~ 4時

上野千鶴子さん「上野千鶴子の選憲論」です。ふるってご参加ください。