【再掲】第五回 憲法サロンを開催します!

最近の豪雨、及びそれに伴う被害(先日の広島での土砂災害も酷いものだったとお聞きしております)に遭われた方や心を痛めておられる方もいらっしゃる中、大変恐縮ですが、水島朝穂さんをゲストにお迎えする第五回の憲法サロンの開催日も迫ってまいりましたので、告知用の投稿を再掲させて頂きます。

ご存知の方も多いかと存じますが、学生の方は無料となっておりますので、お気軽にお越し頂ければと思います。

また、これも僭越ながら加えさせて頂きますと、会場となる建物(志高館)が入っている烏丸キャンパスは今出川キャンパスから烏丸通りをさらに北に進んで頂いた所にございます。今出川キャンパスからはかなり離れておりますので、本当にキャンパスがあるのかと不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、道路の同じ側に交番(2013年4月にできたばかりの京都府警上京署の上御霊前交番)が烏丸キャンパスを通り過ぎてすぐの場所にございますので、これを通り過ぎていなければ大丈夫です。

当日は悪天候に見舞われるかもしれませんが、みなさまのご来場を心からお待ちしております。

 

———————–以下、以前の投稿の再掲となります。———————————–

 

一昨日(京都96条の会事務局注:2014年7月15日)当サイトでも仮告知致しました、第五回憲法サロン。本日は、その詳細を発表させて頂きます。

今回のサロンでは、早稲田大学法学部教授の水島朝穂さんをゲストにお迎えして、「平和憲法」としての日本国憲法の意義を、現在の安倍政権の安全保障政策と関連させながら、みなさまと考えてみたいと思っております。水島さんは、軍事安全保障問題にも詳しい憲法学者として、アカデミズムの世界のみならず、メディアでも積極的に発言されていて、軍事・強権路線への傾斜を強める安倍政権に非常に批判的です。当日、水島さんには、日本国憲法や安全保障に対する安倍政権の姿勢を講演の中で論じて頂いた後、来場されたみなさまのご質問に回答して頂く予定です。水島さんの講演と、その後の質疑応答を通じて、特定秘密保護法案や集団的自衛権の問題、そして、何よりも「平和主義」という日本国憲法の三大原理の一つを閣議決定によって覆そうとしている安倍政権のあり方や、市民と憲法のあるべき関係について、議論を深めていくことができれば幸いです。

尚、水島さんが日本国憲法についてどうお考えなのかについては、水島さんの公式ホームページ(外部サイト)が参考になるかと思われます。また、本日7月17日発売の奥平康弘、山口二郎編『集団的自衛権の何が問題か――解釈改憲批判』(岩波書店)にも、水島さんの論文が収録されております。宣伝となってしまい大変恐縮ですが、WANによる紹介ページ(外部サイト)にもあるように、当会代表の岡野八代の小論も収録しておりますので、併せてお読み下されば幸いです。

 

とき 2014年8月30日(土曜) 18:00 ~20:00 (開場17:30)     *予約不要

会場 同志社大学烏丸キャンパス 志高館SK112 (キャンパス案内はこちら

内容

18:00-18:05 京都96条の会代表挨拶

18:05-19:00  水島朝穂さんの講演

19:00-20:00 来場された市民のみなさまとの質疑応答

司会  岡野八代(同志社大学教員・京都96条の会代表)

 

資料代 500円(学生の方は、無料)

連絡先 TEL: 075-256-3320 (京都96条の会 平日9:00-1700)/ e-mail: kyoto96ac@gmail.com

公式サイト: http://kyoto.96jo.net/

 

詳しくは、第五回サロンのフライヤーをご覧下さい。